トップ>兵庫のやきもの>姫路諸窯に関する考察>姫路諸窯年表

【姫路諸窯年表】

人名 生没年     出来事
1757 宝暦7年 有田 東インド会社との取引も終了
1673 延宝元年 有田 それまで品質低下を防ぐため窯焼の数は180人と限定されていたが人数制限が増加
1684 貞亨元年 中国 中国遷海令解禁;景徳鎮海外輸出を再開する
1772-1781 安永年間   兵庫港の木屋某が、番頭繁田幸助に命じて飾磨郡糸引村に築窯させた
1799 寛政11年 三田 肥前より太一郎、貞次郎を招き三輪明神窯開窯
1806 文化2年 瀬戸 鍋島藩をあげて守っていた磁器技術を、瀬戸の加藤民吉が持ち出すことに成功
1808 文化4年   河合寸翁・藩財政の本格的改革に着手
1822 文政5年   酒井家への徳川将軍家喜代姫の輿入れが決まる
1822 文政5年   興禅寺山窯開窯(姫路藩窯)橋詰藤作初代総取締役池田弥七従事
1828 文政11年 有田 有田にて大火、陶工達が有田から流出する
1831 天保2年   興禅寺山麓から姫路城西の男山東南麓に移窯
1831 天保2年頃   男山窯開窯橋詰藤作引き続き総取締役・婚儀の調度品や贈答品作成のため
1831 天保2年頃   婚儀の調度品や贈答品作成のため尾形周平に弟子入りしていた秋蔵を呼び戻す
1832 天保3年   酒井家への徳川将軍家喜代姫の輿入れ
1841 天保12年   河合寸翁没
1853 嘉永5年   江戸の喜代姫邸(酒井家江戸藩邸ではない)を将軍が訪ねている
1853 嘉永5年   大島黄谷赤穂焼開窯
1854-1860 安政年間   男山窯閉窯
1854-1860 安政年間   姫路六人衆の桔梗屋木綿屋西治屋茶屋などが窯を借り受け製陶を続ける
1861 文久元間   弥七棟梁を辞す
1861-1864 文久元間   藩士金井重造神沢清助等が製陶を続ける
1877 明治10年   永世舎設立
1881 明治14年   鷺脚焼開窯
1882 明治15年   永世舎解散
1908 明治41年   伏見宮殿下が姫路製産品陳列場ご覧の際、献納品の添え状として(東山焼沿革記す)



参考資料
発行年 発行所 作者 題材
1913 藤井利八 大西林五郎 日本陶器全書
1919 藤井利八 大西林五郎 日本陶誌
1972 納屋 加藤東九郎 原色陶器大辞典
1975 南部圭三 満岡忠成 姫路藩窯東山焼
1993 神戸新聞総合出版センター 青木重雄 兵庫のやきもの
2004 姫路市書写の里美術工芸館 山本和夫 東山焼試論
2007 九州近世陶磁学会 赤松和桂 庶民向け東磁器の生産と流通
2011 日本陶磁教会 山本和人 陶説

古物商(ふるものあきない) ひじり屋 〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1−8−1
TEL:0798-54-5258  
フリーダイヤル: 0120-71-3798  E-mail: info@hijiriya.com
[閉じる]