【水彩画 丸山石根】
絵画の紹介第4弾



丸山石根 <1919-1989>


大正8年大阪に生まれる。昭和8年京都市立美術工藝学校絵画科入学。入江波光に師事。
昭和16年京都市立絵画専門学校日本画科本科卒業。昭和30年中村岳陵に師事、蒼野社に入る。
日展初作品「鏡の前」。
昭和32年日展特選白寿賞「海女」。
昭和33年関西総合展審査員となる。
昭和55年『大坂百景』を出版(大坂新聞社)。
昭和62年大阪市文化功労賞受賞。
平成5年大阪芸術賞受賞。
丸山石根さんは大阪で生まれ地域に根付いた作品を多く手掛けた人だったんですね。お雛様の顔には非常に品があり、和やかな表情です。
ひじり屋では2月いっぱいまでお店にて展示しております。
【デッサン画 須田国太郎】
絵画の紹介第3弾

須田国太郎 <1891-1961>

洋画家。京都生まれ。京大哲学科卒業後、関西美術院で都鳥英喜らにデッサンを学びます。1919年頃、渡欧してスペイン絵画に傾倒し模写に専念する。帰国後、関西美術院展・独立美術協会展に度々出品。著書に『近代美術とレアリズム』等がある。独立美術協会会員。芸術院会員。京美大名誉教授。毎日美術特別賞受賞。
国太郎は1910年頃、能楽の金剛流高岡鵜三郎に師事し、謡の稽古をしており、以降晩年の50年間続けていたとされています。

スペイン留学の後日本で講師として美術史を教えながら制作に悩んでいた頃、能・狂言のデッサンをしていたとされています。したがっておそらくその時期に描かれた作品かと考えられます。














  その他古物2ページへ


古物商(ふるものあきない) ひじり屋  〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1−8−16
TEL:0798-54-5258  
フリーダイヤル: 0120-71-3798  E-mail: info@hijiriya.com

        ↑ページ先頭へ
         トップページへ